カシオペヤ

秘密


昨日本屋さんに行ったら、「秘密」の新装版単行本が、平積みで売られていました。
清水玲子さんという漫画家の作品で、8月に実写映画が公開されます。それに合わせての平積み売りだと思われました。
未来の警察で、第九と言われる犯罪捜査捜査チームが、殺害された人の脳を覗いて事件の真相を暴くというストーリーです。
最近は漫画原作の実写映画化が多いです。中にはやめたほうがいいと思うものもありますが、この作品は実写向きだと個人的に思います。
機会があったら見てみたいと思います。
漫画原作の映画で私が唯一見たことがあるのは「DEATH NOTE後編」です。特に見るつもりもなかったのですが友人が券をくれたので、
折角だからと見に行きました。原作は読破していたので、前編を見ていなくても分かるだろうからと見てみました。
そうしたら原作より話がまとまっていて、こっちの方が面白いと思いました。見に行った時間が無駄にならなくて良かったです。
あんまりファンタジックな作品は原作かアニメで見た方がいいですが、SF入っていてもリアリティのある作品は、映画にしても割といい感じです。
ところで私は「秘密」を、新装版でない単行本で途中まで持っています。面倒になって購入を辞めてしまっていたのですが、新装版は出るわ、映画にはなるわで、続きを読みたくなってしまいました。けれど、途中から新装版で買うのは本棚に並べた時の見た目がいまいちなので、昔出た方の「秘密」を購入したいと思っています。しかし新装版の装丁もカッコいいので、こちらで1巻から買いなおしてもいいかもしれないと、今ちょっと悩んでいます。美白に効果がある美容液!絶賛ベスト3


コメントを受け付けておりません。